• UR Fit

トレーニングによる精神的影響とは?



代表の関です!


普段のトレーニングは出来るだけ専門用語を避け、お客様に分かりやすくお伝えしているのですが、コラムでは専門用語を交えながら、体づくりに役立つ情報をお伝えしていきます!


以前までの記事は以下のURLからご確認ください!

https://www.urfit.jp/blog/categories/column


現在、ボディメイク=運動やトレーニングというイメージが付いてしまっていますが、そもそもトレーニングや運動を行う理由としては、「太る」や「痩せる」といった体の見かけだけの問題ではなく、精神的な部分や神経においても、重要な役割を果たしています。例えば、仕事に追われて夜しっかり睡眠を取ることもできず、体を動かすこともままならないような生活が続く場合の人たちの精神疾患のリスクは、平均よりも高めに出ると報告されています。


また、運動量が減ることによって、体の神経をコントロールしている自律神経の乱れが原因となり、体の不調が出てくることもあります。自律神経は交感神経と副交感神経で構成されており、ざっくり説明すると、夜寝ている時は副交感神経が優位になり、日中活動しているときは交感神経が優位になるという、棲み分けを持って活動しています。この自律神経の不全が、体温調整機能などに影響を及ぼしており、神経バランスが崩れているということになります。神経バランスが崩れていると、すぐに体調が悪くなったり、頭がぼーっとしたりして集中しづらくなり、無気力な状態に陥ってしまいます。


このような自律神経の不全を改善するために一番大切なのは、日中に体を動かすことです!日常の中で運動する習慣があるということが、身体的な面だけでなく精神的な面においても、非常に重要な役割を果たしています。


しかし、どんなに体を動かすことが大事だとしても、押しつけで運動をやっていると、運動が嫌いになってしまいます。そうならないためにも、UR Fitでは強制的なトレーニングをさせるのでなく、バランスよく楽しい運動を取り入れることを意識してトレーニングメニューを組んでいます。極端なダイエットはほぼ100%継続できないので、ボディメイクだけに意識を向けるのではなく、楽しく体を動かし、精神的な健康を手に入れることも立派なトレーニングの効果だという認識をぜひ持って頂きたいです!