• UR Fit

女性の過食には原因がある!?


代表の関です!


普段のトレーニングは出来るだけ専門用語を避け、お客様に分かりやすくお伝えしているのですが、ここでは、トレーニング中やメニュー作成する段階での頭の中で考えていることをご紹介していきます!


以前までの記事は以下のURLからご確認ください!

https://www.urfit.jp/blog/categories/column


今回は生理とボディメイクの関係性について解説します!


閉経前の全ての女性にとって生理は身近なものでありますが、生理は自律神経系によって性ホルモンがコントロールされることによって成立しています。普通の生活を送っていて月経周期も安定している場合にでも、排卵後には妊娠を成立させて継続させる働きをもつプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。


その影響で食欲が増したり、むくみやすくなったりします。この時期に気持ちが不安定になったり、便秘がちになったり、吐き気や頭痛が起こったりすること等を訴える方がいますが、これがPMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群・月経前緊張症)です。症状がひどい場合には無理をせずに専門医の診察と指導を受けなければなりませんが、優先されるのは栄養改善と運動の習慣作りです。


栄養改善については、生理前は血糖値のコントロールが難しくなるので、食事や間食による血糖値の乱高下が起きやすくなります。このため空腹感を感じやすくなって、ついつい食べ過ぎてしまうことが増えてしまいます。


一般的に生理前に食欲が増す人は、心理的なイライラがベースにあって衝動が抑えられず、その勢いに任せて食べてしまっています。それは当たり前のことですから、月経周期に伴って食欲に精神的な波が出ることを理解しましょう。もし過剰な食欲がPMSの症状だけによるのであれば、生理が始まると食欲は自然と収まります。


ところが、生理前以外でも食欲が増すのであれば原因は他にあるかもしれません。それを判断するには日記をつけることをお勧めします。基礎体温を測り、食欲が増大した日にチェックをつけて、食べたものや感じたことを記録に残します。PMSが原因であれば高温期だけ食欲が増えるのですが、別に原因がある場合だと高温期以外にも食欲が増す日があるので見分けられます。その日の出来事(仕事や対人関係等の不安や不満)が食欲を増大させる原因となっている可能性があります。