• UR Fit

運動によって知能が向上する!?



代表の関です!


普段のトレーニングは出来るだけ専門用語を避け、お客様に分かりやすくお伝えしているのですが、コラムでは専門用語を交えながら、体づくりに役立つ情報をお伝えしていきます!


以前までの記事は以下のURLからご確認ください!

https://www.urfit.jp/blog/categories/column


学ぶ力というのは子供の頃だけでなく、大人になってからも必要です。この学ぶ力というのは、私たちが持っている知能で構成されており、現在、知能は一つではなく複数あるという、ハワード・ガードナーが提唱する「多重知能理論」という言われる考えが普及しています。


多重知能理論における知能の種類は、大きく8個あります。

  1. 対人関係の知能

  2. 論理・数学的な知能

  3. 記憶する知能

  4. 空間を認識する知能

  5. 振り返る知能

  6. 言語の知能

  7. 身体活動の知能

  8. 音楽・リズムの知能

今あげたそれぞれの知能は、どのような要因によって高められるかというと、「実行機能」というものが直結していることがわかっています。実行機能とは、目的を達成するために思考や行動をコントロールして突き進む力のことです。この実行機能は、体力、運動能力によって高められるということがわかってきています。


この実行機能は3つの力で構成されています。

  1. 集中維持の力

  2. ワーキングメモリー

  3. 認知的な柔軟性

「集中維持の力」は、自分が何かに取り組んでいるときに邪魔が入っても、今やるべきことにしっかりと集中力を維持させる力です。

「ワーキングメモリー」は、脳の中のメモ帳と言われる力で、情報を一時的に保持しておいて、それらをうまく使いながら、やるべきことを進めていく力です。

「認知的な柔軟性」は、状況に応じて考え方や思考を柔軟に切り替えていく力です。


この3つの力が実行機能を構成し、これらが知能と密接に関わっていることがわかっており、運動によって知能が高まり、実行機能が育ちます。ただし、実行機能や知能は、一時的な運動によって一気に高められるものではなく、日常的な運動習慣によって徐々に高まっていきます。


以前、解説した「可逆性の原理」とは、運動の習慣的な刺激がなくなると、いずれは効果が消失してしまう、また、反復性の原則という、一度得た運動の効果を持続するためには、運動を中断せずに規則的、習慣的に繰り返し反復して行わなければならない、というのが知能にも関わってきます。


UR Fitでは短期的な結果を追い求めるのではなく、運動を継続し、習慣化させる、パーソナルトレーニングを提供しています!


参考:子供の脳を育てる「運動遊び」 著 柳澤弘樹